上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
RとJにご来場いただきましたみなさん、応援して下さったみなさん、まことにありがとうございました。

グレゴリこと、黒タンクトップに白タオルの方こと、山下雷舞ですm(__)m

ひとつの舞台が終わると、昨日までのお祭り騒ぎから一転、普段の日常に戻るものでして、その日常にプカプカと身体を浮かべてたら、あらビックリ!もう公演終了から二週間も経ってるではありませんか!!!

ちょっと色々思い出して感想書いてみます。お付き合い下さい。



サムソンとグレゴリ、彼らは一体何者だったんだろう…?
我々二人の中では、ジュニアーズ演劇学園のOBということになってます。

サム「この学園じゃ俺達が演りたい芝居はできねぇ!」
グレ「学園辞めて劇団作ろうぜ!」

で、金無くなって、平塚坊ちゃんに擦り寄ったと。役者の鑑ですね。
ちなみに僕だけの中の裏設定で、金が無いのにサムソンの結婚が決まり、何かしてやれる事はないかとグレゴリが奔走して、植田の秘密を掴んで平塚に売ったというストーリーがあります。正村さん、ご結婚おめでとうございます


ラストの、キャスト全員での演舞、最初に肝さんが出て、次に僕と正村さんが出てきて、しばらく二人で踊りました。
振付の世理さんからのご指名だったんですが、正直「な、なぜ俺達!?」と思いましたよ
僕達二人がさんざんクルクル回ってから、田村や西薗や三浦がやっと入ってきて「ハッ!」とか言うと、「今頃出て来て何がハッだ」と腹立ちました(笑)
…今思うと、二人がズッコケでもしたら全部台なしなんですよね…時間が経って冷静に考えたら怖くなってきた


振りが付いて以来、世理さんからの「より低く!より強く!」とのスパルタ教育により、僕達の大腿筋と上腕筋は太さを増していきました。
本番中に扉を開けたまま、パンツ一丁で鏡を見ながら筋肉との対話をする二人の楽屋前を、出番の合間の女生徒達はハイハイって目をして通り過ぎていました。いやだって俺達、出番まだまだ後なんだもん!遊ばせてよ!
あ、同部屋の植木君も迷惑そうにしてたな。


台本では、ラストを剣舞で締めくくると書いてありました。なので西洋的なダンスを想像してました。
しかし、肝さんがノノヤマさんにリクエストした曲調は僕の想像とは違うもので、ノノさんの音楽に世理さんの振りが付いた時、僕はその舞いの中に、力強い東北の香りを感じました。
一番奥のどんでん返しが返ると、パネルいっぱいの日の出です。僕は、あの太陽は日本を東から照らす太陽だと思っています。



最後にご報告。
我が家のテレビはアナログなのに、何故かまだ映ってます。マンションだから?なんにせよ、よかったよかった。
画面の右上にデジアナって書いてあります。どっちやねん(笑)

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

劇団21世紀FOX

  • 劇団21世紀FOX
  • 団員による稽古場日誌!

  • (記事に対するコメントについて)荒らし防止のために掲載はされませんが、役者の手元に届くようになっております。気軽なファンレターとしてお使いくださいませ(´∇`)
  • 最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    管理ページ

    リンク

    ブログ内検索

    RSSフィード

    Copyright ©劇団21世紀FOX 稽古場便り. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。