上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
お久しぶりの山下雷舞でございますm(__)m

集中稽古に入り、段々と全体像が固まってまいりました。劇場入りまであと一週間、ひとつの悔いも残したくないものです。



で、急に野球の話をしますが、昔、西鉄ライオンズというプロ野球チームがありました。
稲尾、大下、豊田、中西などの超個性的な選手が集まり、野武士軍団なんて呼ばれていた1950年代後半の西鉄を、史上最強チームに上げるファンも多いんですが、その個性派集団を、監督の三原脩はある考え方で掌握して、三年連続日本一の偉業を達成しました。
それが、「遠心力野球」という考え方です。


『選手は惑星である。それぞれが軌道を持ち、その上を走ってゆく。

この惑星、気ままで、時には軌道を踏み外そうとする。そのとき発散するエネルギーは強大だ。

遠心力野球とは、それを利用して力を極限まで発揮させる。』


なんか、素敵な考え方だなって思いません?チーム作りに「遠心力」という概念を持ってくるこのセンス。
実は、ライバルチームの南海とか巨人とかの管理野球へのアンチだったりもするんですが、そんなんは抜きにして、選手を惑星に例えるこの考えに僕はとっても惹かれるのです。



最近、RとJに接していて、自分が演りたい芝居というか、自分が好きな役者のタイプというかに気付いてきました。

「遠心力の強い芝居」

本来、自身が持つはずの公転のスピードを、それでは物足りないと増していく芝居。
その結果、自身を捕えている重力を振り切る芝居。
軌道を飛び出し、未知の世界に旅立つ芝居。


遠心力の強い役者になりたい!!!
重力から逸脱したい!!!
俺は!俺は!うおぉぉーーー!!!


ブログもmixiもツイッターもやってない僕は、稽古場便りで叫ぶのでしたm(__)m

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

劇団21世紀FOX

  • 劇団21世紀FOX
  • 団員による稽古場日誌!

  • (記事に対するコメントについて)荒らし防止のために掲載はされませんが、役者の手元に届くようになっております。気軽なファンレターとしてお使いくださいませ(´∇`)
  • 最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    管理ページ

    リンク

    ブログ内検索

    RSSフィード

    Copyright ©劇団21世紀FOX 稽古場便り. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。