上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
梅雨、明けましておめでとうございます。久保克夫です。
いやーあっついですねー。今日って猛暑日だったんですかね。

さてさて、『南の島に星がふる』、大盛況のうちに幕を下ろすことができました。
キャストの皆様、ご協力いただいたスタッフの皆様、そして何よりご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

今回の公演はオペレッタ。歌も殺陣も大変でしたが、さかなへんに堅いでお馴染みのカツオさんとしては、
やっぱりダンスがいちばん大変でした。
なるべく目立たないように常に上手の隅っこで踊ってました。
ダンスそのものではみんなに勝てないので、表情だけは負けないように笑顔大爆発で頑張ってました。
誰か私のこと見てくれてましたか?

それはさておき、公演前のブログに書きましたが、私、こっそり二役やってました。
私の友人たちは誰も気づかなかったようで、それは成功なんですが、やっぱりちょっと寂しいですね。
正解発表!
兵隊コントの後(コント?)、「花いちもんめ」の歌がありましたよね。
踊る少女たちの一人、平田を連れ去る女衒を演じてました。
楽屋から舞台に向かう前に「買い付けに行ってきます」と声をかけてました。
一応勝手に「朱永徳」と名前も付けてました。
元ネタ分かる人、いたらコメントお願いします。
実はこの朱さん、同じシーンでえりさんが演じた女性とペアルックだったんですよ。
もちろんたまたまなんですけどね。気づいた人いないだろうなあ。
帽子の形からノッポさんとかスナフキンとか地獄のスナフキン金○ヒデ○キとか言われてました。
すみません、最後のは嘘です。

今回は全体的に目立たない感じでやってましたね。
エナケン劇団の座員、山岡銀舟こと山岡銀太郎。劇団の座付き作家兼役者という位置づけでした。
エナケンから銀さんと呼ばれてましたが、決して「銀魂」が元ネタじゃないんですよ。
(国定のときの木刀を「洞爺湖」と呼んでたのは秘密)
元ネタ分かる人、幕末好きでしょ
カツオを銀色の舟に見立てて銀舟、しゃれてるでしょう。
おそらくエナケン劇団で初の芸名を持つ座員でした。

さて、エナケンファイナルでは、また座員が何人か死んでから始まるという噂も・・・
銀舟は生きて皆様の前に再登場できるや否や。なんならうまい棒でも・・・賭博はダメですよー。
銀舟でも違う役でも、全力の久保克夫をお見せします!

p.s. もうすぐ今年最後の客演「engin版・品川心中」が初日を迎えます。
久保は序盤で笑いをとりにいく、FOXでいうと山下雷舞のポジションです。
間違いなく面白いのでぜひ観に来て下さい!
詳しくは「その他の情報」から!

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

劇団21世紀FOX

  • 劇団21世紀FOX
  • 団員による稽古場日誌!

  • (記事に対するコメントについて)荒らし防止のために掲載はされませんが、役者の手元に届くようになっております。気軽なファンレターとしてお使いくださいませ(´∇`)
  • 最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    管理ページ

    リンク

    ブログ内検索

    RSSフィード

    Copyright ©劇団21世紀FOX 稽古場便り. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。