上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.07.18

元・町長です

久保克夫です。「どってんかばなし」終了からはやひと月弱。
愛する家族と過ごした楽しい日々もすでに遠い過去・・・寂しい

今さらですが、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました

今回の役は町長!しかも明治男!気弱さが売り?の久保としてはまったく予想外の役でした。
しかし、家族たちと町のみなさんが尊敬してくれたおかげで、どうやら町長らしく見えたようで。
役作りというのは自分ひとりだけでするものではないんだな、ということを学びました。
あ、ひとり尊敬していなかった奴がいた。松本役のなみの、顔から出ていたのは老廃物ではない、フェロモンだ。

ところで、立ったままご飯を食べるシーンありましたね。
あれ、実は桶狭間の戦いに望む信長が、立ったまま湯漬けを食らうシーンをイメージしてました。
家族と町民を守るべく決意して立ち上がった自分を、決戦前の信長にダブらせていたんです。
気づいた人、いましたか?いませんよね。
女子供には分かるまい!という気持ちで、家族にすら言ってませんでしたし。

さてさて、そんなこんなで次!次は・・・うん、頑張るぞ
劇団21世紀FOXの!久保克夫でした。
スポンサーサイト

2007.07.09

そして二週間

どってんかばなしから二週間。如何お過ごしでしょうか。
薬屋の天野役をやらせて頂きました平井徹です。

沢山の人達の協力で21世紀FOXの入交町は成立しました。
お客様、気にかけて下さった方々、関わって下さった全ての方が
21世紀FOXの入交町の町人とも言えるのではないでしょうか。
本当にありがとうございました。

さて今回のお話ですが、入交町は噂話にてんやわんやします。
薬屋天野も多分に漏れず、てんやわんやしました。
彼は噂を利用する奴ですが本当に欲の為だけに奔走していたのでしょうか。
考える程に分からなくなり自分もてんやわんやしました。
そりゃ口から餡子も飛ばしますとも。

町長には入交町を守る信念があり、町人には信じる町長があり、
時計屋には信じる学問があり、薬屋は何を信じれば良かったのでしょうか。
結果的に学説通り何も起きませんでしたが、
町長と一緒に居た町人が幸せだったのではと私は思います。

情報は人を媒介にして肥大します。情報化社会の中で更に肥大し
冷静なら簡単に見極められる真実すら見えなくなる程に。
そんな時に一人ではなく、助け合える人、信じる人が居る事は
とても大事で幸せな事ではないでしょうか。
人の信頼は一朝一夕に得ることはできません。
そして自分が信じなければ相手に信じてもらえる事もありません。
常に誠実であれ。
人の繋がりを求めるならこれで簡単なように思うのですが
世の中あちこちで誠実さが足りていないような気がします。

さて天野が背負っていた薬箱、製作は揚妻氏・小栗氏の二人でした。
確かな背負い応え。薬箱の方がいい芝居をしてたのでは?
そして、なまはげが身に付けていた藁々ですが
本来のなまはげが身に付けているあれは
ケデ(肩の部分)と呼ばれる蓑状のものです。
しかし我々が身に付けていたのはそのケデですらありません。
言うなれば『蓑状のケデに見えないこともないかもしれないけど何だコレ?』
せっかく提供して頂いた藁ですが木村さんゴメンナサイ。
で、公演の合間で何が申し訳ないって飛散した藁の掃除でした。
新人の皆さんゴメンナサイ。
藁束はあと一束残っており、藁草履を作ろうかと思います。



何を書いてるのか分からなくなってきましたが
21世紀FOXは次回公演も良い芝居を観て頂けるよう頑張ります。
これは確かな噂です。

2007.07.04

ロミオです

牧野誠二です。いまだロミオが抜けきっていません。

2週間ほどたち、僕の周りの皆様にもほとんどの方に御礼を申し上げることができました。
そうして同じようにいただけた言葉が、
「初めて芝居を見に行ったけどおもしろかった。また行きたい」
「自分だけじゃもったいないので今度は友達も誘っていくね」
「俺が武本やりたかった。俺にやらせろコノヤロー」
など、役者冥利に尽きる暖かいものばかりでした。

この次のステップへ向けて、皆様の期待を裏切らないよう、精進していこう!
と再決意した29歳の夏でした。
ではでは、また劇場でお会いしましょう!!

御来場下さった皆様、大串さん、青木さん、渡邉さん、藤間さん、KIMさん、毎公演見て下さった門さん、そして肝付さん本当にありがとうございました!!
とても楽しい役を演じる事が出来て、本当にうれしかったです。

当時の事を調べ、伊達衿や柄足袋、髪形などにもこだわってみました


形からか?!とツッコミ入れた方々へ、もちろんそれだけじゃありません(≧へ≦)
ハレー彗星について知っている私は、どう頑張っても恐くない。しかし1999年の7月は恐かった。何かが降ってくるんじゃないかって……トミコさん達はまさに近付いて来るなんだか解らないものを見ながら19日間過ごしたんだ。それは恐ろしかんべ(´Д`)とか
電気を知らない感覚はどんなだろぅ?これまた分からないけど、『目に見えないけどさわったら死ぬ』なんて物が自分家に来るなんて言われたらそりゃーもーびっくりだよ!ちょうど稽古期間はチマタで、はしかが流行ってましたしね

一ヶ月後には皆死んでしまう、しかし自分家に助かるアイテムがあったら……トミコ夫妻の思いが私には理解できました。でも私のなかでは、もし町長さん達が運命の日を向かえても生きていたら、お金は返すつもりでしたよ。いや本当に(-_-)



反省や問題は残りましたがそれはまた次を頑張る為の肥やしだから、忘れずに貯めておきます!
ではまたお会い出来る日を楽しみにしています。
川内一子

この度はFOX第59回公演、『どってんかばなし』にご来場いただきまして本当にありがとうございました。無事千秋楽が迎えられたのも、ひとえにお客様・スタッフの皆様のお陰です!

名乗るのを忘れていました
団子屋の‘ヨシ’こと吉川です

今回肝さんから頂いたヨシ役は、見てくれ云々はおいておいて、なんて可愛い人なんだろうと常々自分とのギャップにため息ものでした。
町の皆が『どってんかばなし』で奔走している中、惚れた男の為にダイエット…。未来を信じて生きるようとする人間の執念というか、女の情念というか…、どこか滑稽なんですが、自分もこうありたいと思わせてくれる女性でした。(そんな女性になれたかなぁ?)

それから今回のお芝居、入交町というとある町が舞台となって繰り広げられていたんですが、劇中で石田さんが言っていた「町の人間は家族みたいなもんだべ」の言葉通り、こころの温かい人達がいっぱいで、いろいろな所で助けていただきました!舞台上の安心感はもとより、ヨシがおでぶMAXの時は身体がホントに不自由で、手伝ってもらわなければ着替えもままならない状態ご迷惑をおかけしました。(夏場の肉襦袢は恐怖です…)



さて、公演が終わると燃え尽きた感で寂しくなったりしますが、水面下では次の第60回公演に向けて動き出しています♪足踏みしている場合ではありません!ご来場下さった皆様、次回公演の情報公開もお楽しみに

プロフィール

劇団21世紀FOX

  • 劇団21世紀FOX
  • 団員による稽古場日誌!

  • (記事に対するコメントについて)荒らし防止のために掲載はされませんが、役者の手元に届くようになっております。気軽なファンレターとしてお使いくださいませ(´∇`)
  • 最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    管理ページ

    リンク

    ブログ内検索

    RSSフィード

    Copyright ©劇団21世紀FOX 稽古場便り. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。